1/21 after six[13] 更新!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけまして、おめでとうございます。TOKINOです。
みなさまのところへ、挨拶へゆけず、お正月がすぎてしまいました。

みさなま、元気にお過ごしでしょうか。

TOKINOといえば、去年は喪中になり年賀状の発送ができなかったり、人生のシフトチェンジ的なものに遭遇したりと、山あり谷ありな年末でした。

と、いうわけで、5ヶ月ぶりに小説の続きを書いています。
なんとも遅すぎる更新です。
でも、やっぱ書くの楽しいです。

若手助教授は、片山、園山ペアです。
園山さんはまだ名前だけの登場ですが、いずれ片山さんと並んで大学を歩くすがたも絵美ちゃんが目撃するでしょう。

では!

スポンサーサイト

【2009/01/17 23:24】 | 更新情報
トラックバック(0) |

お久しぶりです。管理人のTOKINOです。
またしばらく放置してしまいましたが、その間、拍手など押していただきありがとうございます。

aftet six[11]を更新しましたーおまたせしました。
片山先生はひとりでしゃべってますね。

次回、高木くんと急展開……カモ。



小説ブログランキング

【2008/08/16 22:11】 | 更新情報
トラックバック(0) |
 こんにちは。TOKINOです。
 更新情報です。

 『The Founder~赤い塔の魔術師たち』の続きを更新してしまいました。
 
 どーしても、TOKINOが個人的に好きなキャラクタ、伊野田さんを書いてみたかった事、彼に魔術を使って欲しかったことなどがあって、書いてみようと思ったら書けました。 
 
 だいたい5000文字くらいの量になりました。

 ようやくファンタジーっぽさが出てきて、魔術師も登場します。
 しかし、ファイアーとか、ホイミ、とかそういうのはないです。
 全てがイメージの中で出来上がっています。

 あれですね。
 『ドラえもん』の映画で魔界に行くやつがありましたね。あの、魔界の人たちがとても恐くて、子供ながらにトラウマになった映画です。ドラえもんの映画って結構トラウマものですよね。
 その映画で、のび太が魔法世界を作ったときに使う呪文がチンカラホイ、なんですが、まさにそんな感じの魔術なんです。

 伊野田さんが使っている魔術は、ここで言うのは何ですが、視線を使った魔術になります。
 他にも、味覚オンチだろうが、才能がなかろうが、最高の料理ができる魔術『シェフ』とか、いろいろあります。魔術っていうか、ジョブですね。シェフなんてギャグっすよね。真面目な事ほど滑稽な事はないですね。

 ああ! もっと彼らの活躍を書きたい! と思うTOKINOでした。 

 

【2008/07/25 17:56】 | 更新情報
トラックバック(0) |
 おはようございますー!今日は朝が早いTOKINOです。

 昨日、after sixの10ページ目をUPしました前回の更新から、1ヶ月ほど経過していたのですね。なんともはや。
 今回の更新では、エミとチトセの会話が主になっています。高木との変な出会いを困惑するエミと、なんだか高木のことが気になるチトセであります。
 
 『ミステリはどうなったのタダの学園ストーリーになってるじゃないの。ミステリは?あの不可解なことはどうなってんの
 っていうのはエミの言い分ですが、ごもっともです。

 『ねー、早く私と伊集院くんの出会い話かいてよー、ロマンティックなのにしてね
 はいはい。それと、伊集院じゃなくて、高木だから。彼の名前、高木だから。

 『なんで高木なんて名前つけたんだ?』
 そりゃー、あの。TOKINO自身が、あまり好まない名前をつけてみて、どれだけキミみたいな変態キャラを愛せるかっていう、チャレンジでもあるんで、もっと活躍してね、高木くん。

 そんなこんなで10ページ。次回は、二人の恋のモヤモヤ劇であります。なんだかおかしな事を書いているTOKINOです。先生とか先輩が登場して、いよいよ夏休み突入編になってくるのですが、それまでに、夏、終わりそう。そしてゆっくりと、あのときの疑問が再浮上するのです。
 もちょっとキャラが増えたら、紹介ページ作ってあげるからね、エミちゃん。


 そして、もう一つ、公開したのが『The Founder~赤い塔の魔術師たち~』
 これも宇宙ネタから始まりました。宇宙ネタが多いTOKINOです。魅力的なんだもの。
 こちらも連載小説になると思うのですが、実のところプロットがきちんと定まっていないので、連載開始は先になりそうです。今回のは、プロトタイプとして、書かせていただきました。
 構想はかなり以前からで、思いいれのある内容なので、公開したいっ

 今回は、主人公ユキルくんが赤い塔の街に到着するまでを書きました。この先からが私の好きなところで、完全自己満足ですが、ナイスなキャラが登場してくるので、必見ですいつ公開するかわからないのに必見ですとか言っちゃってますが、どっちを主人公にしようかどうか迷ったくらいのキャラが出てきます。実際に、その溺愛キャラを主人公にしたストーリーも書いていました。
 いろんな構想がパズルのように組み替えられて、(彼が使う魔術もパズル)やっと形になってきた『The Founder~赤い塔の魔術師たち~』早く皆様にお届けしたいです。

 『そのまえに、私たちのほうをナントカしてね』
 ごもっともです。
 エミちゃん、テストがんばってね。終わんなきゃ、夏休み、無いからね。

小説ブログランキング
↑早く続きを書いて~
 

【2008/07/21 10:04】 | 更新情報
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。