1/21 after six[13] 更新!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 高木とはロッカーの前で会った。

 大抵の人は彼と私が、その場で偶然、ばったりと、要するに面と向き合って(声を掛けられてかもしれないし、私が読んだかもしれないけど)会ったのかと想像すると思う。
 でもね、違うの。
 正確に言えば彼、高木がね、ロッカーの中に入っていて、それを私が開けたのよ。

 私の通っている大学は、巨大な学舎が二つに、体育館も大中と二つ。プールは一つ。あと、格技場なんてのもある。他に文化棟っていう背の低い建物もあるのね。
 あと関係ないけれど、たまに学長っぽいおじさんが、中庭でガーデニングをしている。その規模が年々大きくなっているらしく、いずれはガーデンパーティでも催すのではないかと噂になっている。おじさんが植物に話しかける姿を多数の生徒と教員が目撃している。

 それで、私たちが居たのが文化棟の中。元は高校だったものを利用している。設備は新調したようだけど、冬場は隙間風がスースーする。それが難点。唯一、お手洗いだけが学舎よりもきれいなので、わざわざここまで来る学生も少なくはない。運動部も入っているのに、文化棟って名前なのがおかしなところ。簡単にいえばサークル校舎、のようなものだ。

 ちなみにメインの二つの学舎は繋がっていて、上から見るとアルファベットの”H”の形になっている。以前に航空写真を見た事があったけどたいして格好良くもなんともなかった。大学の名前が「H」から始まるからそのような形にしたのか、それとも校舎を繋げたからその形になったのかはわからないけれど。

 どのみち今、重要なことは、そんなことじゃなくて。
 その日、私は迷っていた。
 7講目の授業を終えた私は、忘れ物をしたことに気付いた。その忘れ物っていうのが、翌日のテストで使うプリント。しかもソレを置いてある場所が、文化棟。
 文化棟閉鎖時間はもう、まもなく。困ったなぁ。

 いつもだったら遅くであっても二人くらいは部室に残っているが、さすがに今日は皆帰っているだろう。部室に集まって勉強会をする人たちもいるが、あのメンバーにそんな集中力がないことは、全員、百も承知だ。とりあえず校舎の受付に行き確認してみたが、案の定、部室の鍵はとっくに預けられていた。
 それでも受付のおばさんに事情を説明してみると、テストで60点以上取る事を条件に鍵を渡してくれた。半ば冗談だろうが、お礼を言った。ありがとうございます。まかせてください。
 文化棟の大きな自動ドアを抜けてみたはいいけれど、既に真っ暗だった。
 もう後は、校舎の見回りを終えた警備員さんが、チェックをして施錠をするだけという感じだった。

 足音がね、自分のだけしか響かなくて、長い廊下の中でこだまする。そりゃあもう、不気味の一言しかでてこない。こういう時に限って、昔にみた怖い映画のワンシーンが蘇ってくるのだから脳っていうのは皮肉な作り方をしているなぁ、とつくづく思う。あの微妙な隙間とか、本当にやめてほしい。

 足早に進み二階に上がった。通路は自動照明に切り替わっていた。私が居るところをセンサーが感知して、その場だけ灯るようになっている。だからずっと前方も後方も暗い。光っては消える、この繰り返し。戻るときもこんな具合なのね、と思うと気が重い。
 宇宙部は二階の一番奥だった。距離が長い。部室は外から見ると、黒い遮光性のカーテンが常にかかっているので、巷では『暗黒部』とか『黒魔術部』とか呼ばれている。プロジェクタをひんぱんに使うからカーテンがかけられているままなのだが。なんともバカバカしい。
 それで部室に着いてみると、ドアが閉まった。つまり最初から開いていた。最後の奴、施錠を忘れたな、と思いながらもすぐ、電気! 電気!

 明るいところはホッとするね。(ついつい)鞄を椅子に放り投げて(ゴシャって音が)、しーんとした室内に収まる。鼻から息を短く漏らして、耳の奥深くにしか届かない、沈殿したノイズを吸収する。
 ふとテーブルを見ると、プロジェクタとスライドが放置されていた。ついこの間の大型連休の際に『天の川探検隊』と称して、野外キャンプをした時の写真だった。部長が今日あたり写真を持ってくると言っていたから、きっとみんなで見て、そのまま帰ったのだろう。

 そう思うと、無性に見たくなってきたぞ。部員のみんなが集まって話しながら写真を見ている光景が、脳裏のスクリーンに投影される。
 なんだか少し悔しい気持ちになった。悔しいというより、寂しい? 違うな。虚しい、かな。
 私は椅子に座って、散らかったままのスライドを手に取った。

 現在ではデジタルで処理する時代だというのに、ここで使っているものは随分と古典的だ。プロジェクタの淵が少し黄ばんでいる。それでもまだまだ現役だ。小学生の時に、理科の授業で使ったことを思い出した。
 一枚一枚、スライドを頭の上へ掲げた。手のひらを太陽に、の歌が頭の中で流れた。色が反転して見えた。星や、笑っているメンバーの顔や、目が、白くなっていた。




スポンサーサイト

【2008/05/06 23:20】 | 小説『after six』
トラックバック(0) |

初めまして
dejavuewords
いやー、最近の若い人はBLだのファンタジーだのって、私のようなオッサンには理解を超えたものを書いてるんで、そういう小説ブログは敬遠してます。
こちらは普通の学園小説のようなので、ほっとしました。
またゆっくり読ませていただきます。

dejavuewordsさんへ
TOKINO
こんにちは。コメントありがとうございます。
いろんなジャンルの小説がありますよね。
ケータイ小説にありがちな夢見がちなものは、私も敬遠してしまいます。でも、ブログだと探せばおもしろいファンタジーとかけっこうありますよ♪めぐりあいが大事なんだと思います。
私は、普通でありそうで普通じゃない小説をめざして、after sixを書いています。ほっとしてくださって、嬉しいです。更新速度は遅いですが、ゆっくり、読んでくださいね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めまして
いやー、最近の若い人はBLだのファンタジーだのって、私のようなオッサンには理解を超えたものを書いてるんで、そういう小説ブログは敬遠してます。
こちらは普通の学園小説のようなので、ほっとしました。
またゆっくり読ませていただきます。
2008/07/22(Tue) 00:16 | URL  | dejavuewords #hdScUxTA[ 編集]
dejavuewordsさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
いろんなジャンルの小説がありますよね。
ケータイ小説にありがちな夢見がちなものは、私も敬遠してしまいます。でも、ブログだと探せばおもしろいファンタジーとかけっこうありますよ♪めぐりあいが大事なんだと思います。
私は、普通でありそうで普通じゃない小説をめざして、after sixを書いています。ほっとしてくださって、嬉しいです。更新速度は遅いですが、ゆっくり、読んでくださいね。
2008/07/24(Thu) 01:22 | URL  | TOKINO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。