1/21 after six[13] 更新!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「オハヨウ」

 そう言って私はすくっと立ち上がった。とりたてて話題が見つからなかったので、他愛のないテストの話を少しした。今回のテスト、持ち込み可のわりには捻った問題だったよね、とか。

「これ、ありがとう」

 小さな動作で、高木は鞄からハンカチを出した。これは京都に研修旅行に行ったときに買ったお気に入りだ。白くて柔らかい素材で一番気に入っている。欠点は、ほつれやすいところ。カラスの刺繍が小さく入っている。私はそれを受け取って鞄にしまった。

 辺りが学生だらけで、混雑してきたので、私たちも流れに合わせてその場を動いた。女学生の何人かが高木を見上げた。エレベータを待っている間、他の学生に埋もれながら、私たちは無言だった。緊張している? なぜ? 自問したが答えはどこからもでてこなかった。

 箱に乗り込むと、これでもか、という具合にあとに続く学生の波に追いやられた。これが嫌なんだけれど、此処は六階。仕方ない。目の前に高木の肩があった。一階に着くまで何度かドアが開いたけれど、目を閉じていた。

 箱からでて窓際まで行ったところで、学生達がそれぞれの目的地に向かったため、散った。そこで振り返ると同時に呼び止められる。

「ん?」極力、穏やかな表情を作る。やさしい女になれ、自分。
「名前、なんていうの? そういえば」そういえば、だと? あれ、何怒っているんだ私。
「浪川」
「ナミカワさん」
 復唱される。
「絵美」続いて下の名前も言ってみた。
 だがそれは復唱されず、痣の残っている目がコチラを捉えた。ただ見る、のとは違う。一種の束縛行為に似ているな。束縛。

「あのさ、ちょっと話したいことがあるんだ。時間ある? たいしたことじゃないんだけど」
「ああ、いいよ」

 大して忙しくも無いのに腕時計に視線を送る。なんだろう、なんだろうと、また頭が走馬灯(チガウけど)になる。メビウスの輪の上に「なんだろう」の文字が蒸気機関車のように走っている。

 とりあえず私たちは、中庭のウッドデッキへ向かった。ベンチとテーブルが設置されていて、植物もあるのでなかなか居心地がいい場所だ。噴水は故障のためか止まっていた。ふと見ると、今日もおじさんがガーデニングをしていた。軽く会釈をすると、にっこり笑って作業を続けた。私たちは日陰になっている場所を選び、座った。

 今日も暖かい。
 ポケットの携帯が震えたが、今は出さない。私は誰かと話をしているときは、極力携帯電話をださないようにしている。なんとなく、マナー違反な気がするんだ。

「昨日のことなんだけど」

 少し言いにくそうに切り出す高木。その目は私じゃなく、テーブルの木目をなぞっているように見えた。その話だと思っていたけれど、冷水をかけられたような発声に、ほんの一ミリ心臓が跳ねた。さっきまで試験なんていう学生本分のリアリティの中にいた自分が昨夜の事を思い出すと、少なからず夢だったような気がしてならない。

「誰にも言わないでほしいんだ」
 私を見る。うなずく。できるだけ穏やかに。
「うん。わかるよ。人に言えないこととかさ、知られたくないこととかさ、あるじゃない」
 そう言うと、高木は微笑んだ。続ける。内緒話をするかのように声のトーンが下がった。小鳥が近寄ってきた。

「あと、聞きたい事があるんだけど、服を持ってきてくれたとき、近くに鍵、なかった?」
 両手の人差し指の体操みたいに小さなジェスチャで”鍵”を示す。これくらい、という風に。私は顎に手をあてて視線を空に飛ばし、昨日を回想した。

 鍵。 草、 虫、 警備員、 むし、 かぎ……。

「うーん、暗くてよくわからなかったから……大事な鍵なの?」
 頷く。しっかりと頷く。
「何の鍵なの?」
「宝箱の鍵」
囁くように、そう言った。

スポンサーサイト

【2008/06/09 21:03】 | 小説『after six』
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。